松元教貢歯科医院からのお知らせ

« 総義歯に精通しているからこそ即時インプラントにも精通できる | | DRラムの来日講演会が決まりました! »

2013PRDボストン学会がもう過ぐです。

写真: 2007年のPRD。懐かしいです。

写真は私が発表させていただいた2007年のPRDボストン学会です。

この時に、世界に向けて初めて、即時インプラントとGBR骨造成手術を同時に部分的な欠損に適応して成功する、と言う報告を私がしました。

この時の学会では結局25人が発表し、日本人で発表したのは私と相模原の矯正専門医でスーパーコルチコトミー(従来の矯正治療期間の半分以下で治せる方法)のゴッドハンド中川先生の2人でした。

2010年にもあったのですが、その時には私事で参加出来なかったので、久しぶりに今年参加します。

PRDボストン学会は3~4年に1回しか開催されない業界の最高の権威ある学会です。

今回は私はエントリーしてませんが、日本人でどなたが出しているのか、非常に楽しみです。

 

即時荷重インプラントとはインプラントの真実