松元教貢歯科医院からのお知らせ

当院は毎回必ずクリーニングをする歯科医院です!

当院の特徴の一つは、毎回毎回必ず患者さんの口腔内の徹底的なクリーニングを行う、と言う事にあります。

専門用語で言うと、歯垢・プラークを毎回歯牙表面は勿論、歯根表面、歯周ポケット内、舌の表面などのお口の中から完全に取り除いている、と言う事です。

当院の治療内容は、歯周病治療、インプラント治療が中心であるので、感染予防が一番重要と考えての事です。

感染をさせない、と言う事はとても重要な事で、患者さんの体内に歯周病菌や虫歯菌を入れない事で将来の心臓の病気、血管の病気を防ぐとても重要な意味があるのです。

その為に、初診の時にいきなりクリーニングを徹底的にする事は、逆に始めません。

どうしてもしなければいけない時には抗生剤をすぐに服用していただいて、体内に菌が回らないように配慮しながら治療を進めています。

その上で、ブラッシング指導、クリーニングを出血をさせないように最大の配慮をしながら歯石、歯垢プラークを取り除き、歯肉の炎症を治して行きます。

これを段階を追って続けて行き、歯肉の治癒を追い掛けるようにクリーニングをして行くのです。

これを行う事で、私は手術時の感染を最大限予防できる、と考えています。

毎回必ずクリーニングをする事は、多分殆どの先生がしていない、できない事でしょう。

しかし、私の目の黒いうちは、私のこのやり方を変えるつもりはありません。

当院に来て下さる患者さんを最大限配慮して、本当に治って言ってくれる為には毎回のクリーニングは欠かせないポイントなのです。

口腔内の炎症、病態を徹底的に改善してそれから手術に進む事の方が、手術室を持っている事よりももっともっと重要な事である、と私は確信しています。

本当に大事な事は何なのか?ちゃんと治るようにするには何をするべきなのか?その問いに対する私の根本的な答えが毎回のクリーニングだ、と断言しても良いでしょう。

一般外科でお腹を切る時には、徹底的に感染予防をして手術に臨む、その為に陰毛も綺麗に剃ったりするのは、皆さんご存知の事と思います。

なのにお口の中を弄るのに、プラークを残したままするのは、何か間違っている、と私は思います。

そして、患者さん受けが良い個室とか、手術室とかの方に、HPやブログの宣伝とかが言ってしまっている。

プラークコントロールを徹底的にする、簡単な真実ですが、意外に出来ていない、と私は思います。

あなたの掛かっている先生は、毎回プラークを取り切ってから処置に掛かっていますか?

このハードルを課してしまったら、99%以上の開業医が引っ掛かる事でしょう。

そんな中で、インプラント治療、歯周病治療と言われても、本当に治せているんですか?と私は質問します。

 

ですが、ここから方向性を変えて説明しますが、現実的に保険診療中心で頑張っていると、とても毎回クリーニングする時間は取れる筈がないのです。

これは厳然たる現実です。

ですから結局、治癒し切らず、又悪くなって治療を繰り返し、歯がなくなって入歯とかになってしまうのです。

保険の仕組みが予防に対して取り組んでいない、と言う大きな問題がそこにはあるのです。

私の所では、幸い専門的インプラント治療、歯周病治療を行っているので、保険外の治療で何とか持ち応えられているのが実情です。

保険だけでは絶対にやっていけません。

こう言うシステムがある事自体、国、行政と言うものの歯科医療への取り組み方に問題がある、と言うしかないでしょう。

なので、他の先生方には同情を致します。

どうしようもない国のシステムなのです。

本気で良心に従って保険のみで仕事をしていたら、間違いなく潰れます。

保険でやって行くには薄利多売、沢山の患者さんの数を診療する、それも最高のコストパフォーマンスで、つまりは1人15分診療でするしかないのです。

1人15分では、はっきり言って何もできません。

だから何時までも治らない、治せない、なあなあで行くしかないのです。

かなり手厳しい意見を今日は書きましたが、私の見解では間違いのない事実です。

 

国家の根底から変革をするしかない、と私は思います。

 

KMインプラントセンター松元教貢歯科医院は、患者さんの為に真の治癒を目指すインプラント、歯周病専門の歯科医院です。これらを中心にして、矯正も組み合わせながら口腔内を総合的に治療します。

相談ご希望の方は、トップページの右上の無料相談の所からどうぞ。

直接の相談ご希望の方は03-3775-0044まで、お電話でご予約下さい。

 

ネット内では決して書けない、患者さん向けインプラントの真実レポート「これを読まないうちはインプラント治療を受けないで下さい」無料で差し上げています。

ご希望の方は上記の所から、氏名、年齢、郵便番号、住所をお送り下さい。

 

 

 

 

 

投稿日:2010年5月6日  カテゴリー: