松元教貢歯科医院からのお知らせ

毎回一つ一つの仕事を最高レベルの治療をしたいから、多過ぎる患者さんはお受けできません。

インプラントのネット上のサイトを拝見していて、私は素直に感じました。

皆さん凄い数受けていて、偉いなー、自分には出来ないなー、と。

数を診ると言うことは大変なことです。

うちでもかつて年間でインプラント植立本数で400本レベルでしたことがありました。

しかし、その結果はてんてこ舞いする状態で、うちのような規模の小さい、3台しかチェアがない、DRも私しかいない、と言う状況の中では、普通の歯科治療と平行しながら凄い数の手術は受けられない、と思い知らされたのです。

その時、二つ選択肢がありました。

手を広げて大きくする、移転してもっと広いやり方をするのと、規模は小さく自分が見れる範囲内にして、治療レベルを高く維持して行く。

私は迷うことなく、後者を選びました。

どんどん引き受けて、数をやたら診る、そのことで私自身の注意が散漫になり、細かい見落としが生じ、治療レベルが落ちて、最終的に患者さんにご迷惑をお掛けするのが絶対に嫌だったからです。

これは勿論私の能力不測の話で、大きく手を広げて凄い数を診てても出来る方はいるのでしょうし、そう言う方を心から尊敬致します。

しかし、私の知る限り私の尊敬するDR方は誰一人として数を診る、と言う方はおらず、一人一人の患者さんを大切な宝物として扱い、最高の仕事をする事に心を砕いている方であり、はっきりと最高傑作を毎回創り上げるようにチャレンジしているんです、と明言するDRと出会い、私の気持ちもそう言う方向こそが自分の道、と思い定めました。

実際に、私がお引き受けしている仕事は、大変に難しい抜歯から始まり、病巣を取り切り、インプラント植立をし、骨造成GBR歯肉再生した上で、審美的な歯をその場で入れる、と言う治療ばかりですので、細心の注意、繊細さ、丁寧な手技が最重要で時間が掛かるものです。

海外の歯科界の神の一人D.シャネリックは、まさしくこう言う治療を、顕微鏡覗きながら、たった1本の前歯で6時間掛けて治しているのです。

私の場合、10倍のライト付き強拡大鏡を常に使い、シャネリックほどではありませんが、上顎全部を一遍にするするなら同じ位掛かるでしょう。

たった1本の歯の治療でも、状況次第では3時間掛かることもあります。

それだけ歯の抜歯を丁寧に骨、歯茎を傷付けない様に綺麗にしなければいけないし、勿論仰々しく切り開いたりは絶対にしていないで、続くインプラント植立も3次元的位置関係で寸分違わず正しい位置に立てなければいけないし、更には、そのインプラント周囲に綺麗に骨、歯茎が再生して治ってくれるように処置をして最終的な被せモノと間違えてしまうほど綺麗な仮歯を装着するから時間が掛かるのです。

ネット内で拝見していると15分で出来たとか、凄いなーと言う方も多くおられ、心から感嘆し尊敬しますが、私は病巣の取り残しはないのか、歯茎骨傷付けていないか、がばっと無造作に切り開いていないのかが気になって出来ません。

一つ一つ10倍の拡大鏡を掛け、ライトでチャンと照らして見て確認しないと気が済まないのです。

病巣の原因は歯だから、それを抜歯すれば治るよ、と言う考え方やり方は、私には出来ません。

外科に携わる医者端くれの務めとして、病巣があれば綺麗に取り切るべき、それも周囲の組織に出来る限り迷惑を掛けないで、と言うのが信念として強く強く私にはあるのです。

流れ作業のようにインプラント手術をしたくない。

それが私の真意です。

世の中には全て完璧に出来るスーパーマンのようなインプラント医もいるのでしょう。

しかし、私はそうではありません。

凡人が師匠縁に恵まれ、漸くここまで来ている者にしか過ぎないからです。

出来る事は、毎回毎回最高の仕事をするよう心掛けることだけです。

幾つも医院を出し、規模大きく何人もの勤務医を抱え、最高の仕事できる方は素晴らしいと思います。

でも私は、ご縁の出来た患者さん皆を大事にしたい。

世界で誰もルーチンワークでは出来ていない、していない仕事を日々、工夫をし気合を入れて頑張っています。

更に数こなすのは私には無理です。

世界最高の他には絶対にない仕事を、他の追随を許さないレベルで仕上げて行く。

時代の10年先、20年先を行く。

だから、多過ぎる患者さんはお受けできません。

申し訳ありませんが、その分時間もお取りしていますので、急患で診て欲しい、と言うご要望には殆んどお応え出来ていません。

拝見させていただくには、直接お電話でご予約いただき、その分時間を確保いただく事をお願い致します。

生意気を言いますが、最高のお仕事をさせていただく為、ご了承下さい。

 

投稿日:2011年7月7日  カテゴリー: