松元教貢歯科医院からのお知らせ

廉価版インプラントシステムを導入しました。

3月の大震災以来、皆さんの経済状態も大変で、先生の所でインプラント治療を受けたいんだけど、と言う実際のお声を何度もいただきました。

当院で採用しているストローマンとノーベルのシステムでは、世界的にも確立しているブランドであり、トップブランドで車で言えばベンツやBMWに相当してしまい、当院のような零細医院では、コストの面で非常に治療費を下げるのが難しい状況でした。

そこで、現時点で考えられる事は、話題の韓国製のインプラントを導入するとか、国産のモノを入れるのかでしたが、色々と悩んだ結果、POIのHAタイプのインプラントを導入する事にしました。

理由としては、HAタイプのインプラントの中でも世界1の研究を重ねていて信頼出来るモノである事、チタン合金を採用しているので純チタンに比べると、骨との統合に心配があったのですがHAコートされていることで不安が払拭されていること、HAタイプなので骨との統合もかなり早く出来るだろうと言うこと、チタン合金なので純チタンの1.5倍の強度があり、細いタイプのインプラントで対応できてシンプルに解決するのに使えるだろうと言うこと、シンプルに解決出来る患者さん達には非常に有効だろうと期待出来ること、国産の京セラが母体で開発されているインプラントなので技術的に高品質で信頼出来ること、等々です。

これを採用する事で、当院の負担も勿論下げられ、患者さんへの治療費として30万(インプラント+上部セラミック冠全部込み)で提供可能になります。

ストローマンシステムで40万(インプラント+上部冠全部込み)でしたので、非常に廉価に出来たのではないか、と思っています。

今月11月から導入をして、導入記念としてPRP+骨造成GBR代、標準で4万程度掛かるのを、最初の20本までサービスさせていただきます。

但し、大変申し訳ないのですが、シンプルに手術、治療の出来る患者さんでなければ、やはりその他の諸費用が掛かりますことはご容赦願います。

シンプルに治せる患者さんの場合、POIシステムで問題なく、費用負担も軽く出来る、と自信を持ってお勧め出来ます。

シンプルに治せる患者さん、と言うのは具体的には今まで入歯が入っていて、顎の骨とか歯茎に大きな問題がない方です。

つまり、大きな目的は、高齢者の方が入歯の大変さから、手術したその日から固定式の歯で噛めるように治せる事、費用負担も出来る限り軽く出来ることです。

品質と効果、当院独自の超低侵襲、即時荷重審美インプラントをより受け易くなっていただきたい、患者さんたちからのご要望にお応えしたい、と真摯に考え、熟慮の上で導入を決めました。

痛まない、腫れない、快適なインプラント治療をお手ごろな治療費で。

当院は患者さんの為に努力し続けます。

 

 

 

 

 

投稿日:2011年11月1日  カテゴリー: