松元教貢歯科医院からのお知らせ

精密で早いから、綺麗意に治る、をインプラント治療を可能にする10倍のライト付き最強拡大鏡治療!

歯科治療に、益々精密で予後の良い美しい治療が求められるようになっています。

それに応えるものとして、拡大鏡や顕微鏡の歯科治療が少しずつ広まっています。

私どもでも10年以上前から,拡大鏡を2.5倍から取り入れ、順々にバージョンアップして、現在では最高倍率の10倍のライト付きの拡大鏡を昨年から使用しています。

より大きく見ることは、当然治療の質に直結します。

特に手術の切開、縫合等では治り方が全く違ってきます。

大きくハッキリと見て手術すれば、傷口も綺麗に施術出来るので、治り方も早いし患者さんも楽なのです。

インプラント治療は必ず外科手術が必要ですから、拡大視野での治療が益々求められている、と考えて良いでしょう。

 

但し、実は拡大視野で治療をしようとすると、裸眼での治療に比べて治療時間がかなり伸びてしまうのです。

20分でも口開けているのが大変なのに、拡大視野、特に顕微鏡とかでの治療となると3倍以上の時間頑張って口開けていないといけない、と言う大きな問題が生じます。

大きく拡大してハッキリ見える、と言うことは良いことばかりではないのです。

 

しかし、この欠点も拡大鏡を使いこなし、普段からしているならば、裸眼と変わらない時間で治療を出来るようになります。

こうなれれば、拡大視野の精密さと裸眼並みの時間短縮、と言う矛盾する課題を解決できるのです。

ですから、患者さんにとってベストな治療方法は、私はライト付き強拡大鏡での裸眼並みのスピードで治す治療だと信じて実践しています。

これが、私が他ではマネの出来ない、手術したら直ぐに歯が入る即時荷重インプラント治療、を低侵襲で審美的に治せる秘訣だ、と信じています。

又、一般的には顕微鏡治療は自費でのものですが、私は治療時には必ずライト付き10倍の強拡大鏡を保険、自費の区別なく使用しています。

最善の治療を提供することが使命と信じているからです。

 

現在の最善最高の歯科治療、インプイラント治療を提供することを誓います。

 

 

 

 

 

 

 

投稿日:2011年12月12日  カテゴリー: