松元教貢歯科医院からのお知らせ

患者さんへ、真の低侵襲即時、早く楽に治るインプラントは私独自のものです。類似品にはご注意を!

GW真っ最中ですが、非常に気になることがあるので、一言書き記して置きます。

即時荷重インプラント治療は、2000年から国内でいち早く、私が顎の部分的な歯列の欠損への治療へ行い始めたものです。

低侵襲外科手術による腫れや痛みの殆どないインプラント治療も2003年、殆ど歯茎を切らないで植立すると言う方法を日本人向けに改良して、私が始めたものです。

抜歯即時植立は、1995年からGBR骨造成と同時に始めています。

現在のインプラント治療の流行のものを、患者さんにとっては少ない手術回数で済み、楽な手術で、しかも最初から綺麗に歯がある状態で治せるようにし始めたのは、私が元祖です。

私の治し方は、ネジで留めるものではありませんから、歯のど真ん中とかに穴なんて開いていない、綺麗な歯の形そのものをしているもので、これも独自で編み出したものです。

私が始めた時には、何も教科書がなかったので、オリジナルで解決するしかなかったのです。

今国内で行われているものは、殆どが海外の情報の受け売りで、それを無理やしに日本人に合わせています。

私の方法は、DR,ラムに教えていただいた方法を持ち帰って、それだけでは日本人には合わせられないと気が付いて、完全オリジナルで改良して工夫したものです。

全部、問題点は、私とスタッフのオリジナルの発想で解決策を苦心惨憺して編み出し、成功させられる方法を見付けだしたものです。

ですから、私のオリジナルの方法の成功率は98%を軽く超えられる、と言う、専門家すら驚愕するようなデータを維持出来ています。

つまり、海外の模倣品である即時負荷とかMI低侵襲とは全く違うものなのです。

なので、題名に書いているように、類似品にはご注意下さい、と言えるのです。

今、即時、低侵襲が患者さん受けが良い為に誰でもが使っている状態ですが、殆どの他の所は最近始めているような歴史の浅い、経験も知恵も如何なものなのか、と私は危惧します。

本当の本物の即時荷重、低侵襲、審美のインプラント治療の成果は素晴らしいものがあります。

それは一度私の医院を訪れて、私の治療を実際に受けて下さった患者さん達を目の前で見ればハッキリと分かります。

私にはこれを断言出来る自信があります。

インプラントと出しているから大丈夫だろう、と言う考えは間違っています。

月とスッポンほどの違いがあるのです。

チャンとしたインプラント治療を望まれるのなら、本当の本物の即時荷重、低侵襲、審美インプラントを提供している私にお任せ下さい。

必ずご期待に応えます。

 

投稿日:2012年5月3日  カテゴリー: