松元教貢歯科医院からのお知らせ

歯を残す為の治療、歯周病再生療法+インプラント治療即時植立即時荷重

インプラント治療を数多く手掛けていると、簡単に歯を抜いてインプラントにしてしまっているんじゃないか、と患者さんのみならず同業者の先生方からも思われてしまっているようです。

しかし、私は基本的スタンスとしてインプラント医ではなく歯医者のつもり、歯にこだわる、残したい姿勢はなくしていないつもりです。

特に大学病院とか歯周病専門医とかインプラント専門医・指導医からまでこの歯は諦めて下さい、と言われたものでも、歯周病再生療法とインプラント即時植立即時荷重を武器として何とか残していることも多いのです。

具体的に言えば、他で全ての自分の歯を抜歯するAll-on-4になるだろう、と言われて来た患者さんの歯を助ける為に、要所要所の部位だけに抜歯即時植立し、即時荷重して18本もの歯を残し治したりしています。

ALL-on-4になれば自分の歯は全て失います。

それで諦めの付く患者さんもいるのかも知れませんが、私は諦めの付かない、頑張ろう、と思う患者さんの力になりたいのです。

確かに歯周病再生療法を行えば、治療期間はALL-onー4よりも延びるでしょう。

ALL-on-4なら、半年で全て終わってしまうことも出来ます。

しかし、歯周病再生療法では、全顎的治療すると2年以上掛かることも珍しくないからです。

私が、インプラントを用いた歯周病再生治療にこだわっているのは、それを何とか1年程度に出来るのではないか、と考えて頑張っているのです。

そのインプラントの用い方が即時植立即時荷重なので。

このようなインプラント治療方法を用いることで、歯周病に罹患した歯の負担を即時に開放し再生を促せるだろう、と考えているのです。

なので、抜歯即時植立即時荷重と歯周病再生手術を出来る限り1回の手術で行うようにしています。

しっかりとしたインプラントが入り、それで歯周病の歯が固定され咬合負担を多数の歯と要所のインプラントで支えることが可能になり、それで治癒に迎える、これが全く新しい歯周病再生療法+インプラント即時植立即時荷重治療の本道です。

私は、この全く新しい治療法方を正しく実践し、成果を挙げ、広めて行こうと頑張っています。

歯を残したい、歯周病で悩んでいる患者さんは、一度ご相談下さい。

 

 

 

投稿日:2012年5月21日  カテゴリー: