松元教貢歯科医院からのお知らせ

超音波治療器が有効なのはインプラントだけではありません!

今インプラントの治癒を早めるものとして、超音波治療器が話題になりつつあります。

超音波は整形外科領域で既に骨折治療で成果を沢山挙げており、ベッカムがワールドカップ出場が危ぶまれた時、常識を破って出場出来た例で世界的にも有名になりました。

超音波を照射すると、骨の細胞が刺激され骨折を早く治してくれるのです。

それを歯科に応用したものが、私が用いている超音波治療器BRーソニックです。

これを導入したのは、インプラントの治癒期間を早めたかたったからなのですが、実際に使い出すとそれだけではない有効な使い道が沢山あることに気が付きました。

お間抜けな話なのですが、私自身も導入するまで気が付かず、実際に使用し出して、歯周病再生治療始め骨の再生治療、歯茎の再生治療等々、歯科関連のありとあらゆる手術の治癒工場に非常に役に立つということが分かって来たのです。

私はインプラント治療と同時に歯周病再生治療とかGBR骨造成治療、親知らずの抜歯手術とか、1回の麻酔の効く領域は出来る限りまとめて手術するようにしています。

その時に、インプラントに作用させるために超音波照射を使ってきたのですが、他の治療した領域の治り方も良いし、何よりも歯茎の治りが綺麗であることを確かめられるようになったのです。

それ以後、インプラントだけではなく歯周病の患者さんや抜歯の患者さんたちにまで照射するようにしていって、これは素晴らしい、超音波の効果は凄い、と確信するようになっていったのです。

早く綺麗に治るということは、患者さんの苦しさ、辛さはそれだけ少ない、と言うことになります。

私の手術で治り方が早い、と言う裏には超音波治療器があった、と言って過言ではありません。

1人の患者さんお口の中でインプラントだけしかしない、と言う治療方針は私は取っていません。

治させていただくならトータルで責任持ってさせていただきたい、と考えています。

そうなると、歯周病再生治療や抜歯などは避けられないのです。

そうなると、インプラントだけで終わりというスタンスは出来ません。

全般的な治療、手術が必要になることも多いのです。

そうなると従来の治療方法では、時間がかなり掛かって患者さんが大変です。

それを短縮して差し上げられるのが超音波治療器なのです。

生体に作用して、治癒を早められるのは、超音波が非常に効果的なのです。

当院では2004年早々から導入し、患者さんにお使いいただいています。

歯科インプラント関連での超音波治療器のパイオニアの一人です。

光機能化の良いものでしょうが、超音波治療器のように広範に生体に働き掛け続けて治癒を促進するものではありません。

治すべきなのは人の体、生体なのです。

それには超音波が広範囲で効き、有効です。

 

 

投稿日:2012年5月28日  カテゴリー: