松元教貢歯科医院からのお知らせ

ご注意下さい!インプラントしたら全てが元通りになる訳ではありません。

インプラント治療が宣伝され過ぎてて、インプラントしたら何もかも全て若かりし頃のように歯が戻って、綺麗になる、と信じている患者さんがまだまだ沢山います。

しかし、これは明らかな間違いです。

特に入歯を長く入れていて骨や歯茎が痩せてしまっている方は、自分の歯を失っているだけではなく、元あった歯茎、骨も失っているのだ、と言うことをチャンと知って置いて下さい。

これは、宣伝過剰な歯科業界の方にも責任があります。

インプラントは所詮、骨とくっ付くチタンのネジに過ぎません。

固定して動かないとても頑丈な支えになるものですが、失われた骨、歯茎が自動的に戻ってくる訳ではないのです。

なので、患者さんが固定式の歯にこだわってしまうと、まるでバナナの房のような歯が入り、清掃もし難いし、見栄えも悪いし、顔の頬がどうしても痩せているように見えるようになったりしてしまい、こんな筈じゃなかった、と言うことに成りかねないのです。

どうしても本当に若かりし頃のように戻したい場合には、骨と歯茎の造成する大きな手術が必要になりますし、その治療中には入歯も入れられない、と言う困った事態も起きます。

しかも、治療期間も非常に長くなり、患者さん自身の要求が相当に強くないと途中で挫折されてしまう可能性が高いでしょう。

 

インプラントしたら何でも元通り、と言う幻想に騙されてはいけません。

手術の負担を軽く、治癒期間を早くして、気持ち良く咬めて、綺麗な状態に治ることを目指すならば、私は入歯とインプラントを上手に組み合わせて治療する方法をお勧めします。

インプラントを頑丈な動かない支えとして用いて、入歯で審美的な膨らみを回復させて、歯並びも理想的にするには、義歯とインプラントの組み合わせがベストなのです。

入歯が辛いのは、動いて違和感があるからです。

インプラントを支えに使えば、入歯は動きません。

しかも、良く咬めます。

そして、清掃もし易いし、手入れも簡単で、何よりも何事か補修が必要になった時に、入歯の治療で済んで、患者さんはお口の中を弄られる、と言う辛さがないのです。

入歯とインプラントの組合わせの治療は、利点が多い良い方法です。

但し、入歯の治療とインプラントの治療両方に精通していないと難しい治療方法でもあるので、両方に通じている先生を探されて下さい。

 

投稿日:2012年5月30日  カテゴリー: