松元教貢歯科医院からのお知らせ

純粋比較標準データが出せないインプラント業界、何故か?

インプラント治療が一般的になり、広まっていますが、患者さん側からすれば、何処で治療を受けたら良いのかが分からない、と言う混迷状態を呈しています。

これは、純粋比較標準データが出せていない業界自体に問題が強くある、と言わざるを得ません。

患者さんは専門家ではありません。

その中で得られる知識、知り得られる内容には限りがあるでしょう。

 

しかし、何時まで待ったとしても純粋比較標準データは絶対に出ないでしょう。

 

何故か?

 

使われているインプラントの全く違うし、術者の力量も全く違う、そんな中では科学的に同じ規格の中で並べて、純粋に比較することは、全く不可能だからです。

 

では、インプラントの成果は、何によってもっとも出るのか。

それは術者の力量です。

術者の力量がかなり高ければ、何処のインプラントを使おうとかなり成功します。

 その上で、何処のインプラントが骨に付き易いか、生着率が高いのかになるのです。

 

そして、術者の力量比較に関しては、使うインプラントによって流派が異なり、またまた混乱を招く事態になっているのが実情なのです。

こんな状況ですから、純粋比較標準データが公的に出せる筈はありません。

患者さんにとっては、非常に困ってしまう時代である、と言うしかなく、当事者の一人として、患者さん皆さんには申し訳ない、と首を垂れるしかありません。

 

 

投稿日:2012年6月26日  カテゴリー: