松元教貢歯科医院からのお知らせ

部分的に歯がない患者さんを一番早く救えるのが即時荷重インプラント治療です。

患者さんは一気に全ての歯がなくなる訳ではありません。

必ず1本失うことから始まり、それが徐々に進行して、部分的な欠損になって、多くの歯が失われて、最後に総義歯にとなるのです。

今即時荷重、即時負荷は総義歯に準じる、かなり歯がない患者さんを相手に、全ての歯を抜歯して治療する方法が正しい方法として言われています。

確かに、歯周病とか色々な理由で歯が全てなくなり、総義歯が嫌で即時荷重インプラントになる患者さんは仕方がないでしょう。

しかし、本来部分的に歯がない段階で食い止められていれば、そこまでの治療をしなければいけない状態にはなっていない筈です。

部分的な欠損で食い止める、それが患者さんが義歯とか大きなインプラント治療を受けずに済み、生涯を健口に過ごせる鍵になるのです。

にも関わらず、インプラント治療の業界では、部分的な欠損への治療が最も弱い部分になってしまっています。

ほぼ100%近くの歯医者は、部分的な欠損への即時荷重インプラントは出来ていません。

そうなるとどうなるのかと言うと、部分的に歯がない部位へは義歯入れて凌ぐか、時に健康な虫歯のない歯を削って繋いで歯を入れて凌ぐしかないのが実情です。

これが大きな問題である、と私が言いたい理由は、それらの治療が残っている歯達に余計な負担を強いるからなのです。

では、部分的に歯がない状態を放置すれば良いのかと言ったら、当然見た目の問題も大きくなりますし、機能的な問題でも大きな問題が残ります。

ですから、部分的即時荷重インプラント治療は、絶対的に必要とされるもの、なのです。

なのに、現実は私以外で確信的に部分的欠損への即時荷重インプラント治療をしている歯医者がいないのです。

歯科的問題を抱えている患者さんの多数派は間違いなく部分欠損の方です。

将来的には、欧米のように1本しか失われていない、1本だけの即時植立即時荷重インプラントが主流になるのかと思いますが、今の日本の現状では部分的欠損症への即時荷重インプラント治療が強く求められるでしょうし、その時代はかなり長く続くと思われます。

少なくとも、私と同世代の方が生きている限り、もっと正確に言えば、団塊世代がご存命なうちは間違いなく部分的欠損症が一番大きな問題として有り続けるでしょう。

ところが、それを救える確信的革新的部分即時荷重インプラント治療が出来る歯医者が全くいないのです。

嘘は言いません。

沢山の歯医者に実際に診察を受け、相談をしたなら、必ず出来ません、とても危ない治療ですから止めた方が良いです、と言う答えしか返ってこないでしょう。

しかし、私は私が診ない限り諦めるのは早い、と断言します。

私が出来ません、危ないです、と言ったら、世界中探されても引き受け手はいません。

歯科業界は、一番治して差し上げなければいけない病態に対して、何と殆ど現代業界では無力なのです。

これではいけない、と私は強く強く思って、根底から変える為に、一所懸命に頑張っているのです。

業界を変える為には、実績を残し続けるしかありません。

私は、成果を上げ、実績を積み重ねて来ています。

もう部分欠損への即時荷重を始めて12年以上になります。

昨日今日始めて出来ますと言っている所とは全く違います。

そして、昔出来るとHPとかに出していて、実際には今はしていない所もかなり多いです。

通常レベルでどれだけしているのか、稀にしかしていない所と普通にしている所では、相当のレベルの差があるのだ、と明言します。

部分的即時荷重インプラントは、はっきり言って物凄く難しい治療です。

物凄く難しいから他の歯医者では、確定的に取り入れられないのです。

部分的欠損への即時荷重インプラント治療は、完全に私独自、私だけの独占治療です。

本当に困っています。

この歯科的に正しいチャンとしたインプラント治療は、患者さんを早く楽にお救い出来るものです。

私はそれを正しく普及する為に頑張ります。

投稿日:2012年6月29日  カテゴリー: