松元教貢歯科医院からのお知らせ

悩みを早く解決する即時植立、即時荷重インプラント、何処よりも早く綺麗に楽に

抜歯即時植立インプラント治療や即時荷重インプラント治療の最大の目標は、患者さんを1日でも早く楽に綺麗に治して差し上げることにあります。

患者さんは誰でも何回も手術をされるのは嫌でしょうし、治るのに半年とかも待たされるのは嫌でしょう。

私も、患者さんが長く苦労されているのを見るのは嫌です。

スムースに綺麗に楽に治して差し上げたい、と心から願っています。

スムースに綺麗に楽に治せるのには、1回の手術の中で出来る限りのことをやり、治るのが早くなるように工夫するしかない、そう信じて抜歯即時植立、即時荷重へと12年以上も昔から取り組んで来たのです。

始めた当初の頃には、まだ何にも基準、方法とかが明らかにされていませんでした。

私が教えを受けたラム先生の教えてくれた35N以上の植立トルクと12㎜以上のインプラントを使いなさい、それだけでした。

確かに、現在でもその基準は殆ど変化していません。

私自身で付け加えた基準としてはぺリオテスト値で最低でも+5以下位です。

しかし、違っているのは、植立トルク値をしっかりと得る、35N以上上手に出来ている場合には60N位は出せているだろう、と言うテクニックの修得が大きいです。

この技術を修得出来てからは、インプラントの長さも余り気にしなくなりました。

又、支えられる骨の厚みが3㎜程度確保出来そうだ、と判断出来る場合には即時荷重を狙う、と言うスタンスも確立して行きました。

こうして、独自の方法を編み出し、抜歯即時植立も即時荷重も99.9%以上の成功で出来るレベルに到達しました。

だからこそ、私が即時植立、即時荷重出来るのは難しい、と診断した症例に関しては、他に出来る方はまずいないだろう、と自負出来るレベルにいます。

全ては患者さんの悩み、望みを誰よりも早く綺麗に楽に解決して、叶えて差し上げたいから頑張って来たことです。

本当に出来ている抜歯即時植立、即時荷重インプラント。

私は、これを正しく広める為に頑張ります。

 

 

 

投稿日:2012年7月2日  カテゴリー: