松元教貢歯科医院からのお知らせ

1回の手術で終わる低侵襲即時インプラントを長い経験で安定感を持って行っています

今インプラントバッシングがマスコミで行われ、その影響でインプラントに対して懐疑的で、不安視をする風潮が起きています。

確かに、報道されているように、非常に残念な結果に到ってしまったインプラント治療が現実で起きているのは確かです。

実は、以前からインプラント治療では経験が浅い者が行うと結果が伴わない、と言うことは海外の学会等で論文も出され、報告されていました。

海外では、教育期間中の学生の患者さんになると言うボランティアで治療を格安で受けられる、と言う制度があることがあるそうなのですが、その結果をチャンと教育の済んだ先生方でのデータと比較するものが出ているのです。

その結果を聞くと、チャンとトレーニングを積んだ専門家の先生が行うと、インプラントメーカーの宣伝している97%と言う成功率が出るそうです。

では、教育中のボランティアの治療での場合では、と言うと全然違う成績になってしまった、と言うことなのです。

それによると、97%と言う高いデータではなく、80%にも満たなかった、と言う結論が出ているそうです。

つまり、インプラント治療は元々、誰でも何でも97%以上と言う高い成績を残せるものではない、と言うことなのです。

これが、正しく伝わっていなかった、そこに今回のインプラントバッシング騒動の原点がある、と私は思います。

本来の姿が伝わっていなかった、それが事実、真実なのです。

 

以上のようなことは、私は以前からチャンと広報して来ました。

 

ですから、私どもでは、そのようなことがなく、長期的経過で安定しているインプラント治療を行っています。

現在では、1回の手術で全て終われる低侵襲外科手術を用いて、即時植立即時荷重で審美的に治せるインプラント治療まで行っています。

それも昨日今日始めたような日の浅いモノではなく、2003年恩師であるサンフランシスコの恩師DR.ラムの元から帰ってからは、殆どの手術を低侵襲外科で行う、と言う長い経験を積んでいます。

これらの通算成績で、一般的言われている97%以上と言う水準を楽に超え、最近の2,3年のデータでは99%以上に成っています。

全て、歯科医に成って25年、インプラントに専門的に取り組み出して20年以上と言う経験の中で、常に改善改良を加えながら辿り着いたモノです。

特に安心安全に配慮しているので、2006年から歯科用CTとしては世界最高の3DXを導入して、術前術中術後で少しでも不安がある場合には直ぐに撮影をして、確かめながら植立手術を行っています。

手術も痛くなったり腫れたりしない低侵襲外科手術を早10年行って来てます。

このようなやり方は、最初の頃は先進的過ぎて批判され続けて来ましたが、現在ではインプラント業界全体が追随して来ています。

生意気な言い方になりますが、私はその先駆者となります。

やはり、患者さんに痛い辛い思いをさせない治療が今後益々主流になると思われます。

私は先駆者なので、その裏も表も知り抜いていて、何かがあった時のリカバリー、安全安心を確保する方法も熟知しています。

インプラントバッシングの時代だからこそ、本物が残る。

1回の手術で終わる低侵襲即時インプラント、先駆者だからこそ長い経験もあり安心安全を確保する処置の方法も知り抜いている、そう明言します。

 

本当の1回の手術で終わる低侵襲即時インプラントを希望される患者さんは一度ご相談にお越し下さい。

具体的な話を知りたい方は、特別無料レポートをご請求下さい。

 

 

 

 

投稿日:2012年8月9日  カテゴリー: