松元教貢歯科医院からのお知らせ

歯の喪失は立派な病気です。

非常に残念なことに、歯を失うことは病気、と言う捉えられ方は、殆ど知られていないようです。

虫歯、歯周病に対しては病気、と言う考え方はして貰えても、その結果としての歯の喪失自体は、口腔内の機能不全と言う病気である、と言う認識がまだまだ広まってはいないのです。

しかし、歯の喪失は立派な病気、健康体ではない状態なのです。

日本には有り難いことに健康保険制度がありますので、歯が抜けたままに放置する、と言う方は少数派でしょう。

海外では、保険制度が未熟な為に抜けてしまったらそのまま、と言う所もかなり沢山存在しています。

しかし、中にはスウェーデンのように、全て健康保険と言う国の制度の中に組み込まれていて、保険でインプラント治療が受けられる、と言う超歯科先進国もあります。

日本は、国家予算が疲弊し切っているので、健康保険制度で普通の開業医でインプラント出来る世の中はまず来ないと思いますが。

 

歯がなくなると、満足に咀嚼することが出来なくなり、やがて歯の喪失が加速してしまって、どんどん不自由になってしまいます。

何故かと言うと、歯がなくなると、どうしても残っているとことばかりで噛んでしまうので、次々と噛んで疲弊した所が又駄目に成っていってしまうからなのです。

そのようなことを防止するには、全体的に万遍なく噛める咀嚼出来るような状態を維持することが大事になります。

今は保険制度で、ブリッジまでは治せますから、そこまでで留まるうちは良いのですが、最後方の歯が失われブリッジが出来なくなると、部分義歯と言う選択肢しかなくなります。

そうなった時には、インプラント治療で歯のなくなった所を再生させるのが良いでしょう。

予算の問題でインプラントだけで治せない場合は、部分義歯の最後方を支えるものとしてインプラントを用いる、と言う治し方もあります。

奥歯の支えにインプラントがあれば、部分義歯でも痛くなく動かない快適なものに出来るのです。

 

私は個人的に、こう言うインプラントの使い道が本道になるのではないか、と考えている位です。

こう言う方法の利点は、インプラント本数を最少数に出来る(左右でも合計2本)から費用負担が軽く出来ること、最小本数で済むのですから手術侵襲も最小で済むこと、メインテナンスも部分義歯外して行えるからやり易くて良いこと、等があります。

 

年取ると、歯が少なくなって当たり前、と言う考えはもう止めて下さい。

歯がないことも立派な病気なのです。

歯がないのは、チャンと治療して、全体的に噛めるように治しましょう。

 

 

投稿日:2012年8月18日  カテゴリー: