松元教貢歯科医院からのお知らせ

インプラント治療医院の選び方について

インプラント治療と言うと、患者さんは何処も似たり寄ったりで然程違いはない、もしくは患者さん側からは、それ程の違いに思えない、と言う状況なのかも知れません。

しかし、インプラント治療が現在色々とマスコミで叩かれ、不安感を持たれている中で、それでも入歯やブリッジでは治すのが難しい、固定した綺麗な機能的な歯を回復するにはインプラントしかない、と思い定めて、真剣に探されている患者さんも多いでしょう。

ところが、患者さん側からは本当に何処が腕が良いのか、安心安全なのか判断が難しい、まず出来ないと言う状態でしょう。

なので、ここで私の考える選び方をお教えしたいと思います。

まず、①インプラント治療だからインプラントばかり特別に秀でている感じの所ではなく、総合的に治療をしてくれる医院を探されることをお勧めします。

特に、歯周病治療の得意な先生であることを重視していただきたいと思います。

その理由は、歯周病治療は、歯を支える歯茎、骨と言う縁の下の力持ちをしてくれるものだからで、インプラントも長く安心出来るためには、歯周病治療、メインテナンスが欠かせないからです。

次に②、出来れば歯科用CTを院内に設置している医院が良いでしょう。

インプラントは骨に穴を開ける外科手術が必要です。

骨の中は歯科用CTでなければ、どうなっているのかは分かりません。

安全安心を確かめるには、歯科用CTで術中に直ぐに撮影できることが良いのです。

そして、③拡大視野での治療を普段からしている医院が良いでしょう。

お医者さんがする外科手術では、拡大鏡とかの大きく明るくして見る手術がもはや当たり前になっています。

歯科治療は、狭くて暗い口の中で、しかも、お口を開けていただくと言う前からだけの1方向だけで治療しなければならない、と言うハンディキャップを背負っています。

ですから、正確で精密な治療の為には、拡大視野での治療、拡大鏡、顕微鏡は欠かせないのです。

そして、これが大事なのですが、普段から使いこなしていて、使い慣れている先生であること、が大切です。

拡大視野の治療は、慣れるのにトレーニングがかなり必要です。

それが出来ている先生は、それだけの技術に到達している、と信頼が置けるでしょう。

④スタッフ全体でチャンと理解出来ていて、チームワークで取り組んでいること、もポイントでしょう。

インプラント治療は、先も書きましたように総合的な治療です。

全てのことを施術医である院長先生が完璧のこなすのは、私は難しいと思っています。

ですから、医院全体の教育水準が高く、誰かに何かを聞いても、チャンと答えが返って来る、そう言う医院が安全安心でしょう。

何より、患者さんは院長先生には言い辛いことでも、スタッフの中の良い子には言い易い、と言うことも沢山あると思うのです。

そう言う意味でも、チームワークでチャンと出来ている医院をお勧めします。

ここから治療内容に入って行きますが、⑤本当に最後まで治してどれ位の治療費、手術回数、治癒期間になるのか?をチャンと明かしてくれる医院を選ぶべきでしょう。

一見、インプラント治療が低額でも、色々とオプションの手術をしなければならないと、結局然程の差が出ない所とか、手術回数が多かったり、治癒期間が長かったりして、コストパフォーマンスで劣る所もあるからです。

特に、最近は低侵襲、と言う言い方が良くされますが、その実際の中身は千差万別で、切り開くのを小さくしているだけで低侵襲と言ってしまっている所もあるからです。

これは、業界内の責任でもあって、用語の科学的医学的定義がしっかりと定められていないからです。

本当の低侵襲は、手術したことすら気が付かせない、傷も殆ど付けないし、そのお蔭で出血も殆どさせないし、だから全然腫れないし、痛まない、と言うものです。

同じ用語を用いていても、中身が全く天と地ほど差があるのです。

手術回数とか治癒期間とかも、全く同じです。

本当の低侵襲は、手術回数も1回きりですし、治癒期間も上顎臼歯部でも2ヶ月程度で治せるものです。

低侵襲だからこそ、体を痛め付けませんし、そのお蔭で治癒力回復力を奪われず実にスムーズに治ってくれるのです。

 

インプラントなら先端治療で、同じようなモノ、だから低額で構わない、と言う選択をされる方が少なくないのが現状でしょう。

しかし、チャンとしたブランド、メーカーの純正品を使い、技工を出していたら、やはり一定額は掛かるものなのです。

インプラントの信じられている高い成功率は、全て今までの純正品が出しているデータです。

そうでないものでも同じになるのかどうかは、メーカーは全く責任を持ってはくれません。

全て先生の個人責任にしているのです。

 

生涯1度のインプラント治療ですから、慎重に検討をされ、お受けになることをお勧めします。

 

私はセカンド、サードのご相談にも何時でも乗ります。

歯科用CT、カウンセリング2時間で1万円、と言うのをご活用下さい。

データは差し上げますし、いただいたお金の分以上のお話をさせていただきます。

申し訳ないのですが、有料にしているのは、以前無料電話相談システムで懲りる経験をしているからです。

専門誌も出版している専門家の個人教授を2時間1万で聞けるのなら安い、と思っていただければ有り難いです。

そこの所を、患者さんも知って下さい。

 

 

投稿日:2012年9月3日  カテゴリー: