松元教貢歯科医院からのお知らせ

当院のインプラント治療を受ける利点、欠点

私のインプラント治療は常識外れです。

なので、利点、欠点を公表して置きます。

まず利点。

私はインプラント治療は出来るだけ早く成果を得なければ、と信じているので即時荷重インプラント治療と言う直ぐに綺麗な歯が入る治療をしています。

そして、そのような手術を徹底した低侵襲手術で行っているので、患者さんは殆ど痛んだり腫れたりと言う辛い経験をしないで治ります。

又、低侵襲外科手術なので生体を傷付けない為に圧倒的に治るのが早く、従来の6分の1以下の期間で治せてしまうことも普通に起きています。

以上が代表的な利点です。

 

次に欠点。

即時荷重インプラント治療を成功させるために、インプラントの材料費、器材費は一切安売り出来ません。

信頼が置ける、安心出来るインプラントメーカーのインプラントを用いますし、道具、器具、器材も海外まで学会に出て漸く入手して来たものを用いていますし、世界で1番最初に発注して入手した10倍のライト付き強拡大鏡、世界1の精度の歯科用CT3DX等超一流のモノを揃えていますので、コストが掛かります。

そして、1回きりの手術で全てを治し切ってしまう為に、その手術の日には時間が掛かります。

奇跡を起こすのにチョイチョイでは出来ません。

丁寧に、精密に10倍のライト付き拡大鏡で手術を超低侵襲で傷口が何処だか分からないように行い、同時に3DXの示すピンポイントの位置に植立するのに早業では出来ません。

慎重にも慎重を重ねて手術しますから、時間が掛かってしまう、と言うことです。

更に欠点は、手術中にブラックジョークを飛ばしながらすることが殆どで、患者さんが思わず笑い出したくなる、と言う弊害があります。

細かいことを書いていたら、もっと利点欠点供に色々とありますが、代表的例を紹介しました。

これだけでも常識外れの手術治療をしている、とご理解いたけましたら幸いです。

 

投稿日:2012年9月25日  カテゴリー: