松元教貢歯科医院からのお知らせ

低侵襲手術で治す即時荷重審美インプラントで長く安定させる!

私が目指すインプラント治療は、患者さんが望むもの、痛くない腫れない辛くない手術、治療で、綺麗に長く持つ歯が早く入るように出来るものです。

痛くない腫れない辛くない手術、治療が低侵襲手術であり、早く入るものが即時荷重インプラントです。

綺麗に長く持つ、と言うのが残ってしましましたが、これは、今回のAAP学会の主題でもある支えている歯茎、骨の維持安定である、と言えるでしょう。

その為には、厚みのある歯茎、動かないしっかりとした歯茎、と言うものに極論的には言える、と思います。

歯茎、骨の安定、維持の処置手術を如何に低侵襲手術で行えるのか、にDRの腕が問われている、と私は思います。

 

私はこれらの処置で揺るぎない自信があります。

自身の源泉は、何処の学会、セミナー、世界中で行っても、もっと低侵襲にしているモノに出会ったことがないことから来ています。

 

インプラント治療、特に手術で辛い思いを出来るだけしたくない、と思っている患者さん、同業者の先生方、どうぞご相談にお越し下さい。

何処にもないオリジナルの最小侵襲外科手術で、あなたの願いを叶えます!

 

 

投稿日:2012年10月5日  カテゴリー: