松元教貢歯科医院からのお知らせ

業界の概念を根本から変える低侵襲インプラント外科手術、歯周病再生外科手術を正しく広める!

インプラント治療も歯周再生治療も、外科手術が必ず伴うものです。

外科手術が必ず要る、と言うことは、患者さんにとっては非常にハードルの高い治療である、と言うことになると思います。

どうしても必要だから、患者さんは嫌々手術を受けて下さるのです。

そうしないと、長持ちする安心安全な歯が入らないからです。

しかし、余りに手術がきつ過ぎると、患者さんはもう歯を取り戻すことを望まなくなり、入れ歯で良いわ、になってしまうのです。

これでは、患者さんが救われません。

入れ歯は、必ず支えている歯の負担が過剰になり、遠からず抜歯する羽目になってしまうからです。

となると、解決する方法は手術の辛さをなくすこと、それしかない、と私は確信しました。

この程度の手術なら、辛くないわ、と言っていただける手術方法を編み出して、インプラントにしたり、歯周再生外科をするしかないのです。

しかし、これらの手術は普通レベルの道具、器具、機材しかない医院ではできません。

低侵襲外科を成功させるには、それ専用の精密で細やかな器具、道具類が絶対的に必要なのです。

私は、患者さん達の辛さを少しでの減らして、楽にして差し上げられる為に、個人的に海外の学会、セミナーに参加しておりに購入して持って帰って来ました。

低侵襲外科手術は、マイクロ手術でもあるのです。

マイクロ手術との私の違いは、私は10倍以上のライト付き拡大鏡で行っている、と言うことです。

マイクロ手術は、顕微鏡を覗き込みながらするものなので、非常にゆっくり丁寧に、何時間も掛けて行うしかないのです。

そうなると、私の10倍の拡大鏡の手術に比べたら、何倍もの長い時間が必要とされてしまう、と言うよりも10倍の拡大鏡でライト付きなら裸眼で手術するのを変わらぬスピードで、顕微鏡に負けない精度で行える、と言うことなのです。

マイクロに匹敵する精度で裸眼並みの速さで手術出来る、だから痛くなく楽に早く綺麗に治るのです。

しかも、当院にしかない、私自らが探し出して来た独特の道具を、幾つも用いて手術を行っています。

こう言う理由があるから、私は当院オリジナルの手術ですよ!と明言しているのです。

だから一般的には2年以上、時には4年とか掛かってしまう手術を、4ヶ月程度で治せるように出来るのです。

今まで全くなかった、新しい超低侵襲外科手術、専用の揃えられた器具、独自に開発して来た術式、経験、確かな積み上げられた実績。

昨日今日始めた手術では全くありません。

私はもう10年以上経験をしています。

それだからこそ、痛くもないし腫れもしないし、審美的な仕上がり。

夢のような三拍子が揃っているのです。

最近始めていて、何回もの手術を行う方法でありながら低侵襲、と命名していたりしている、似ているように見えるものとは全く一線を画しています。

本当の本物の超低侵襲外科手術をしているのが、私の最大の特徴です!!

 

 

 

投稿日:2012年10月25日  カテゴリー: