松元教貢歯科医院からのお知らせ

最小侵襲手術でするから痛んだり腫れたりしないで治せるのです。

私は低侵襲手術を2003年から標榜し、実践して来ています。

最近、低侵襲を同じように標榜している医院が増えているようですが、その実態に関しては、私はどう言うモノなのか全く把握していません。

私は、恩師DR.ラムに教えていただいた概念、殆ど大きく切り開かないでも手術出来る方法を行っていて、インプラント周囲にチャンと角化歯肉があり、インプラント周囲にも骨があるように配慮して治るように手術をしています。

言葉だけでは分かりづらいかと思いますが、少しだけ切り込みを歯茎に入れて、そこからインプラント植立をして、足りない部分には骨を造り、歯茎も周囲にしっかりと再生するように手術をします。

この方法で行えば、ほとんどの患者さんが1回だけの手術で済み、一般的に何回も手術をしなければ治せない、と言われるようなことを避けることが出来るようになるのです。

何回もの手術をしないで済みますから、当然その分早く綺麗に治りますし、患者さんの時間の最大の節約になります。

そして、手術自体も10倍のライト付きの拡大鏡で行いますから、繊細で丁寧な手術で治すので痛んだり腫れたりも、一般的な手術の仕方に比べると劇的に少なく出来ています。

インプラントと聞けば何でもかんでも同じように受け取られがちですし、低侵襲と言って同じようなことを目指しているように聞こえるかも知れませんが、その実情には相当に差がある、中身に関しては分からない、と言うことなのです。

本当に直ぐに綺麗に歯が入る、痛んだり腫れたりしない丁寧で綺麗な手術、そう言う治療をご希望の方は、私の元にご相談にお越し下さい。

本当の本物の即時荷重、低侵襲インプラント治療を提供しています。

 

投稿日:2012年10月29日  カテゴリー: